髪のアレンジに使用|白髪染めでつやめく真っ黒な髪へ|年齢に打ち勝とう

白髪染めでつやめく真っ黒な髪へ|年齢に打ち勝とう

女性

髪のアレンジに使用

ヘアーアイロン

髪に負担をかけない練習

ヘアアイロンを使う時には温度と時間に気を付けることで、艶髪やダメージレスの髪質をキープすることに繋がります。また縮毛矯正など、クセが強く表れている髪質に対しては、矯正目的の持続力に難色が示されています。ストレートな髪へ導くアイテムであり、長時間キープしやすいヘアスタイルを作ることを目的としているのが特徴です。ですので、ヘアアイロンにはストレートヘアを楽しめるプレートと、巻き髪を楽しめるカールプレートの2種類が展開されています。ウェーブを楽しめる波形プレートなど、ヘアスタイルに変化を付けたい場合に利用することが適した使い方です。健康的な髪にダメージを与えない工夫として、温度設定や髪に熱が直接あたる時間は特に重要視すべき点です。約100度から200度を超える高温設定できるタイプもあるため、初めて使う場合にはスイッチを入れずに練習することもテクニックの1つです。

様々なプレートでアレンジ

巻き髪・ウェーブ・ストレートなどのヘアスタイルは、プレート1つ付け替えるだけのヘアアイロンからも作り出すことが可能です。プレートの素材にはセラミックやチタニウム素材が使われていて、熱伝導の良さが特徴の1つです。温度調整も可能で、太い・細いなどの自分の髪質に合った適正温度でヘアアレンジができます。ハリやコシなどが気になる年代の女性の髪に対しては、根元からヘアアイロンをあてることによってボリュームアップを図ることも可能です。また、毛先がパサパサになる髪の悩みに対しても機種によってはイオン導入ができ、それによって毛先にまとまりを作ることも期待できます。基本的な使い方として、ダメージを与えずにクセを付けやすくするために、濡れた髪ではなく乾いた髪に使います。アイロンはすべりの良い素材を選ぶことにより、細くしなやかな髪のトラブルに挙げられる引っ掛かりをなくし、切れ毛などを防ぎながらすべらせることができます。