白髪染めでつやめく真っ黒な髪へ|年齢に打ち勝とう

ウーマン

若返るための商品

髪染め

色々な種類がある

40代、50代と年配になるにつれて、髪に白いものが目立ち始めるようになります。白髪があるだけで老けた印象になるので、白髪染めでケアする人は少なからずいます。そもそも白髪染めとは、髪の内部に染料が浸透することで黒くなります。きれいに染まることで、ストレスを感じずに快適に生活をする事ができます。実は、白髪染めには、個々の好み、白髪の状態に応じていくつかの種類があります。近年、最も主流なのが、トリートメントタイプの白髪染めです。これには、髪をケアする保湿成分がたくさん含まれています。したがって、白髪を染めると同時に、髪の毛をケアできるので、髪の毛にとても優しいです。しかし、長期間、染める効果が持続しない難点があります。一方、以前に主流だったのが、ヘアカラータイプの白髪染めです。こちらは、強力な薬剤で髪を染色されやすい状態にして黒く染める白髪染めです。しっかりと染める効果が有りますが、髪の毛への負担が大きいと言う特徴があります。それぞれの利点、デメリットを考慮して、白髪染めを選ぶと良いです。

ダメージを与えない使い方

白髪が多い人にとって、若返りを図るために白髪染めは欠かせない存在です。ただ白髪染めを使うと、髪の毛に負担をかけてしまう事になります。そのため、髪質が弱いと、乾燥や枝毛などのトラブルになることもあります。髪のダメージを放っておくと、染めた色が早く落ちてしまいます。なので、短い間隔でまた染めることになるので、さらに髪の毛へのダメージが加わります。実は、髪の毛に負担をかけないようにする染め方のポイントがあります。それは、白髪染めを使う前に、必ず髪の毛を十分にケアする事です。乾燥が気になる場合は、トリートメントで保湿ケアをきちんと行うようにします。髪の毛の状態を整える事で、染料の負担に耐えて髪のトラブルを阻止できるのです。また、普段のドライヤーの使い方も髪にダメージを与えないように気をつける事が大事です。

髪をオシャレに

髪の手入れ

髪の毛をストレートにするために用いるアイロンは、今でも変わらない人気があります。しかし、水が付いたままの髪に当てるとダメージになるので注意しながら使用するといいでしょう。

Read More

髪のアレンジに使用

ヘアーアイロン

サラサラのストレートヘアや、巻き髪などを作り出せるのがヘアアイロンの特徴です。これまでは、真っ直ぐに伸ばすだけの機能で展開されてきたものの、美容や健康面から様々なプレートや機能が付帯され、髪に優しいスタイリングも可能にしています。

Read More

白髪を染めるシャンプー

髪を洗う人

白髪用シャンプーで洗髪中、浴槽や椅子に付いた場合はすぐに洗い流し、タオルに色が移らないよう注意します。美しい髪に仕上げるため艶やハリ、ボリュームをアップさせる有効成分を含んでいるので、悩みが解決できます。

Read